韓国ソウルのWi-Fiスポットは多いですか?

韓国のWi-Fiスポットの2016年の体験談

韓国には無料のWi-Fiスポットが多く存在します。
地下鉄の駅構内、カフェ、銀行、デパートなどWi-Fiスポットが多く便利だと思います。

 

ただし多くのWi-Fiスポットは韓国の通信会社と契約しているスマホ向けのWi-Fiスポットであり、日本や海外のスマホ向けではありません。

 

例えば、地下鉄の車内で

 

私の韓国のスマホでは自動でWi-Fiに接続していますが、右側のドコモの携帯ではサインインが必要となりWi-Fiに繋げませんでした。

 

 

 

この後、日本から来た家族のスマホでもWi-Fiに繋がったのですが、日本のスマホはとにかく回線が不安定でネット検索などはほぼできませんでした。

 

 

またWi-Fiスポットとして有名なカフェですが、数年前までは店内に入れば自動的にWi-Fiに繋がったのですが。

 

2016年現在ではこのようにレシートにパスワードが書かれていたり、店員さんに尋ねる必要があることが多いです。

 

 

そうなると無料Wi-Fiスポットとはいえ、ドリンク代が500円ほどかかってしまいます。それならばWi-Fiルーターをレンタルするのと変わらない金額になるんですよね…

 

 

韓国ならではの注意点

 

韓国のお店はコロコロ変わる!!!

 

 

ブログや有名な韓国旅行のポータルサイトでチェックした店が行ってみたら閉店していた・・・なんてことが本当に多いんです。

 

実際に私も先週、コネストでみたオシャレなカフェに行こうと地図を見ながら行ったのにない!いくら探してもなく近くの店の方に聞いてみると

 

「先月閉店しましたよ」

 

そうあっさりと言われて途方にくれました。

 

せっかくわざわざ遠くまで来たのに・・・それなら近くにいい店はないかとネットを検索しようとしてWi-Fiスポットなど近くにありません。

 

こうなったとき、一緒にいた日本から来た家族のスマホはまったく使い物になりませんでした。

 

今回ソウルの町中を観光しながら、日本の家族のスマホがどの程度Wi-Fiをキャッチするか常に確認してみましたがやはり

 

Wi-Fiスポットだけをあてにして、ネットで地図検索をしながら街歩きをするのは無理があるなと実感。

 

さらにネットを使うためにWi-Fiスポットのカフェに入るのならば、ドリンク代とほぼ同金額で1日のWi-Fiルーターのレンタルができることを考えたり、Wi-Fiスポットを探すことに時間を費やすよりは、ポケットWi-Fiをレンタルしたほうがずっとお得で快適だと思いました。

 

 



>>Wi-Fiレンタル会社比較表を見てみる