Wi-Fiレンタルするメリットとデメリット

Wi-Fiルーターをレンタルするメリットとデメリットは?

韓国へ旅行するなら便利なWi-Fiルーターのレンタルがおすすめですが、やはりどんなによいものであってもメリットと同時にデメリットはつきものです。

 

Wi-Fiルーターをレンタルした場合に想定されるメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

 

Wi-Fiルーターをレンタルした際のメリット

 

 

ポケットサイズのWi-Fiルーターをレンタルすることにより、時と場所を選ばずにいつでもWi-Fiに接続してスマートフォンを利用できることが一番の大きなメリットでしょう。

 

旅先では思っていもいないシーンでインターネットで検索する必要が出てくることがあるものです。

 

またWi-Fiルーターは複数人での利用も可能なため、一緒に旅行する友達と1台の機器をシェアしながら使えば、費用もさらに1/2、1/3と節約できるのも嬉しいところです。

 

韓国DATAなら最大10台まで同時接続が可能です。

 

さらに、韓国には無料のWi-Fiスポットも多いですがセキュリティの面を考えるとやはりWi-Fiルーターの利用が安心だと思います。

 

ご友人と一台のルーターをシェアして一緒に使用する場合はバッテリーの消耗が速いため、スペアのバッテリー(オプションレンタル)をご利用いただくことをおすすめします。

 

 

Wi-Fiルーターをレンタルするデメリット

 

デメリットは費用がかかるということだと思います。韓国には無料のWi-Fiスポットも多く存在しますので、費用の面のみを考えた場合、使いたいときに使えなくとも自力でWi-Fiスポットを探すことが可能です。

 

これらの無料Wi-Fiスポットは現地のスマホ向けのWi-Fiなので日本からのスマホの機器では繋がりにくいという現状ですから、快適なスマホ利用というのは難しいのですが。

 

基本料金だけ見て安いと思いレンタルしたのに、実際には受け取り手数料が高くて驚いた。などということもあります。

 

韓国旅行のためにポケットWi-Fi(Egg)のレンタルを考える場合は、基本料金のみならず受け取り手数料やオプション料がかかってくるということも知っておいてください。

 

韓国ポケットWi-Fi(Egg)のレンタル会社の比較表を作成してありますのでそちらも参考にしてトータル的に考えてみるとよいかと思います。

 

また荷物が増えてしまいます。少しでも荷物を減らしたい海外旅行ですから、多少なりともレンタル一式の荷物が増えてしまうことはデメリットとなってしまいますね。

 

そしてもしも破損、紛失してしまった場合の負担が大きくかかります。そのような万が一の場合に備えて各会社ごとに安心保障制度がオプションがありますのでポケットWi-Fi(Egg)をレンタルする場合にはオプションとして保障制度に加入しておくほうが安心でしょう。

 

 



>>Wi-Fiレンタル会社比較表を見てみる