韓国でWi-Fiの利用するための3つの方法

韓国でWi-Fiを利用ための3つの方法

韓国でWi-Fiを利用するためには日本からローミングをしていく方法以外に大きくわけて次の3つの方法があります。
あなたの旅のスタイルに合わせて最適な方法で楽しいスマホライフを旅先で行ってください。

 

カフェや公共のWi-Fiスポットを利用

プリペイド式の短期Wi-Fi利用権を購入

Wi-Fiルーターをレンタル

 

次にそれぞれの利用の仕方について解説していきます。

 

カフェや公共のWi-Fiスポットを利用

 

韓国のカフェはWi-Fiを提供しているところが多いです。数年前まではパスワードの入力は不要でそのままWi-Fiにつなげることができる場合が多かったのですが、近年はセキュリティの面でもパスワードを設ける施設が多くなってきています。

 

パスワードはレジの横に書いてある場合もありますが、多くはレシートにパスワードが記載されているため商品の購入をしなければならないケースが増えています。

 

旅行先でそれほどスマホを利用する予がない方や、明洞以外はほとんど行く予定がない方はこの方法で足りると思います。

 

プリペイド式の短期Wi-Fi利用権を購入

 

コンビニやオンライン上でOlle wifiの利用権を購入することができます。1時間からの購入が可能なため、一日に短時間のみメールのチェックなどに利用したいという方にはこの方法が向いていると思われます。

コンビニでの購入も英語で「Wi-Fiプリーズ」と言えば通じます。PINナンバーの記載されたレシートをくれるので、その番号をスマホのWi-Fi設定画面に入力すると契約した時間のみWi-Fiの利用が可能となります。

 

ただし、このWi-Fiは電波が弱いことが多く、バスの中では使えないようです。またどういうわけか設定がエラーとなって使えなかったうという口コミがちらほらみられることも事実です。Olle wifi利用権のHP

 

Wi-Fiルーターのレンタル

Wi-Fiルーターレンタル会社よりルーターをレンタルして、必要なときにいつでもWi-Fiを利用する方法です。

確実にネットに繋げることができるためWi-Fiスポット探しに時間を費やすということもなく、思ったときにその場でネットを利用しながら旅を楽しみたいという方には最適な方法です。

費用もカフェでWi-Fiを利用するためにドリンクを購入することを考えれば決して高いとはいえないでしょう。最近では日本人の旅行者には最も人気のWi-Fi利用方法です。



>>Wi-Fiレンタル会社比較表を見てみる