韓国料理・韓国で外食

ボリューム満点の韓国式辛い中華料理@MeiWeiロッテワールド

韓国で中華といえば出前というイメージが多いのですが今回はチャムシルにあるロッテワールドにある中華料理MeiWeiへ行ってきました。

 

IMG_4133

 

ロッテワールドにあるあの有名なスケートリンクの目の前にあるこちらのお店では、韓国式に改良された中華料理が食べることができます。

 

食事の時間を外れていたので店内はほぼ貸し切り状態。お店の外にはスケートリンクが見ますよー。

 

IMG_4119

 

こちらのお店はとにかく料理の量が多いことが特徴です。基本的に、韓国の食堂の料理は日本人からみると量が多いのですがこちらは韓国人的にも量が多いと言っていますからけっこうなものかと^^

 

まずは、韓国の中華といえば絶対に外せないジャジャ麺です。

 

IMG_4115

 

基本的にジャジャ麺は甘い味付けなのですが、こちらのジャジャ麺はピリ辛いです。わたしとしてはあの甘ったるいソースのかかったジャジャ麺より少し辛めのほうがさっぱりして好きかな。脂っこさが和らぐってかんじで。

 

ジャジャ麺は甘いから子供とシェアしようとする方も多いでしょうが、こちらのジャジャ麺は辛いので小さな子供にはムリかな~~。大人的にはピリ辛ジャジャ麺は美味しいですけどね。

 

小さな子供にはお子様プレートがあります。ジュースのカップはロッテワールドのキャラクターのたぬき!お値段は8000ウォン

 

IMG_4111

 

お子様プレートには一般的な甘いジャジャ麺とチャーハンも添えられています。右上はやはり韓国の定番中華メニューのタンスユクかな? 日本では酢豚のことですが韓国のタンスユクはまたちょっと違う。わたしは今は豚肉がアレルギーで食べられないですがタンスユクはけっこう好きです。

 

ジャジャ麺と並んで、韓国中華での王道メニューといえばチャンポン。日本の長崎チャンポンとの共通点は色々な野菜が入っていることくらいかな?

 

IMG_4112

 

こちらは海鮮チャンポン(8000ウォン)赤いですよね。韓国でのチャンポンは赤いです。

 

MeiWeiのチャンポンにはカニも入っていたのでけっこう豪華ですね^^ 韓国料理って基本辛いのですが、なぜか韓国人ってカレーライスを食べるときにすごく辛がるんですね。同じようにチャンポンの辛さも、辛い辛いって食べている人が多く不思議。

 

わたしは韓国料理の辛いのはほとんど食べられないのですが、チャンポンやカレーの辛さは平気です。韓国で食べるこの真っ赤なスープの辛いチャンポンもいわゆる辛ラーメンのような辛さとは違いわたしの好きな辛さです♪ 

 

続いては海鮮五目御飯になります。(14000ウォン)

 

IMG_4109 

写真じゃ分かりにくいでしょうがかなりのボリュームです!

 

日本である五目あんかけとは違います。こちらも辛い!でも美味しいです。すごい量の貝類ときのこが入っていました。食べ応え満点。がっつりと食べたい人におすすめです。

 

街中にある中華料理店に比べるとすこーしだけ割高なほうになりますが、とにかくボリュームがあるので高いとは感じません。味も韓国人が好きな辛めの中華料理となっています。

 

子ども用のメニューや椅子も用意されているのでお子様連れの方にも入りやすいお店となっています。

 

読んだよ!とポチっとしていただけたら☆彡
にほんブログ村

test

-韓国料理・韓国で外食