韓国での育児

3歳になったので胎内記憶について聞いてみた

2016/07/09

子供はお腹の中にいたときの記憶を持っているといいます。そしてその記憶について聞くのはだいたい3歳くらいになってからがいいんだとか。

そんなこと大好きな私は、ゆーちゃんが生まれる前から絶対に3歳になったら胎内記憶につて聞いてみよう!そう楽しみにしていたんです。

ついにゆーちゃんは3歳になった。ちょうど仲良しのママ友のお腹に二人目の赤ちゃんがいるのでゆーちゃんもお腹の中の赤ちゃんには興味津々だからちょうどいいかなって思い、ゆーちゃんに聞いてみました。




「ゆーちゃんがママのお腹の中にいたときは何してたの?」

するとゆーちゃんの答えは

「遊んでいたのよ。」

いいね~~遊んでいたのね~~

「お腹の中、何色だった?」そう聞くと、ピンク!との答え。ピンクとはこの前みた「かみさまとのやくそく」で多くの子供が胎内記憶として語る内容と同じ色だわ!

これはイケるか!?

「じゃー、何して遊んでいたの?」

そう、聞くと、えーーっとねぇ、そう考えてから

「お人形と遊んでいたのよ」

は??お人形はお腹の中にないはずですが・・・何のお人形?

ゆーちゃんによると、しまじろうのお人形で遊んでいたそうです。

それ、絶対に違うと思うしまじろうの人形をお腹の中に入れた覚えは私にはない!

ゆーちゃんは覚えてないのか~~?覚えている子は、色々覚えていると聞いたのに。質問する時期を間違えたのか?まだ早すぎた?いや、遅すぎた?

ゆーちゃんは生まれてすぐのときに初めて私の声をきいたとき、一瞬泣くのをやめて「ママの声だ!」とばかりに耳を傾けたので、胎内記憶も持ってる可能性あり!なんて思ったけど、それは違ったらしい。

自分の子供に胎内記憶について尋ねるという私の長年の夢は「しまじろうの人形」という言葉によって散ってしまったと確信しました。

残念・・・

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-韓国での育児