沖縄北部エリア

2018年海洋博公園花火大会に行く前に対策を!

 

沖縄で一番大きな花火大会である海洋博公園花火大会です。観光客はもちろんのこと沖縄在住の方たちも出かける人気イベントです。2018年の海洋博公園花火大会は7月14日土曜日に開催されます。

 

海洋博公園っていったいどこ?という方もいらっしゃるかな?美ら海水族館のあるところですといえば分かりますよね^^

 

海洋博花火大会の会場への入場には整理券が必要

会場のエメラルドビーチ入場には整理券が必要です。混乱を避けるためにエメラレルドビーチの入場は2万人となっています。

 

 😉  整理券は朝8時から配布開始2万枚まで

 😉  一人一枚の受け取り(0歳児も一人にカウント)

 😉  一人で複数枚の受け取りは不可

 😉  整理券があれば再入場可能

 

海洋博公園のエメラルドビーチで一万発の花火が打ち上げられます。規模的に沖縄で一番大きい花火大会であるために沖縄全土からたくさんの人が集まります。

 

朝8時から整理券配布開始なので、できる限り早く整理券を受け取りたいところですよね。

 

わたしたちは通常なら海洋博公園まで車で1時間半のところに住んでいますがおそらく2時間半はかかるのでは??朝8時に出発する予定です。整理券受け取れるか微妙なライン…。

エメラルドビーチに早めについて楽しもう!会場では正午からイベントがもりだくさん

 

花火大会は20時~20時50分となっていますが、会場のエメラルドビーチではお昼の12時から花火の始まる20時までイベントがたくさんあるので待ち時間も退屈しないで過ごせます。

 

 〇 12時~18時 ビーチアトラクション

 〇 16時~20時 ステージコンサート

 〇 20時~20時50分 花火大会

 

ビーチアトラクションは基本的に子どもむけのアトラクションとなっています。ウォータースライダーなど子供が喜びそうなアトラクションがあるので子連れの方は時間がつぶせますね。

 

ビーチも17時まで遊泳可能なので(遊びの浜のみ)きっと私たちは海で泳いで過ごすと思います。とにかく暑いので熱中症対策は忘れずに。いくら海で泳いでいて涼しくても水分補給は必要ですよ~~

 

大人向けにも音楽ステージがあるのでオリオンビール片手にコンサートもいいですね。運転する人はビールはダメですが!!

整理券が取れなかったらどこから見るか

整理券を受け取って会場に入れるのは2万人までとなります。もしも出遅れてエメラルドビーチの会場に入れなかったらどこから見るか???

 

もちろん海洋博公園内の水族館などのエリアからも花火観賞は可能となっています。(ただしオキちゃん劇場の周辺など観賞禁止エリアもあります。)人数制限もなくエメラレルドビーチからも近いので迫力ある花火は見れるはず。

 

混雑が嫌なら少し離れた場所からの見学もありですね。

 

わたしはエメラレドビーチから見えなかったら親戚の住む瀬底島あたりから見ることも考えています。

 

 

この写真は海洋博公園の近くのお蕎麦屋さんから見た瀬底島です。橋でつながってるのが瀬底島。

 

この通りエメラルドビーチから瀬底島は近いので花火は見えるでしょうが、どうしても会場で見るような大迫力はないでしょうからそれを考えると中部から時間をかけていくのでやはり会場でみたいところです。

 

花火大会の当日の渋滞対策

海洋博公園花火大会は沖縄では一大イベントなためバスツアーやクルーズツアーなども出ていますが、やはり多くの人は車での移動ですよね。わたしたちは友達親子3組で1台の車で移動する予定

 

朝は8時に沖縄中部の自宅を出発。もっと早く出たほうが本当はいいのでしょうがこれ以上は小さな子連れなので難しいと判断。

 

問題は帰りです。花火が終わってすぐに帰るとなると駐車場から出るまでにすでに大渋滞。さらに那覇方面に向かう高速の許田インターまでも下手すると2時間以上かかるといいます。

 

渋滞を避けるためには花火大会を最後まで見ずに早めに出るという方法もあります。でもせっかく朝からこの花火大会のために遠くから来ているのに最後まで見れないのは惜しいので、わたしたちは最後まで見ます。

 

第二案は、花火大会が終わってから3時間ほど時間をつぶしてから出発する方法。数時間の差でほぼ渋滞なしで帰れたという過去情報が多いので、わたしたちもこれでいこうと思います。

 

この日は水族館も夜の11時まで開館延長しているので水族館で遊んでもよし。疲れたら車で仮眠してもよし。自宅につくのは夜中になってしまいますが、子供たちは車で寝てしまうので寝ている間に移動する方法が一番よいかと思います。

 

2018年海洋博公園花火大会について駐車場情報なども含めて詳細について知りたい方は公式ホームページをどうぞ。

 

読んだよ!とポチっとしていただけたら☆彡

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

 

test

-沖縄北部エリア