韓国での育児

말이 씨가 된다言葉が種になる、なっちゃった

言霊って言葉が日本にはありますが、韓国では

말이 씨가 된다 (マリ シガ テンダ)

と言います。直訳すると「言葉が種になる」となります。

つまり、口から出た言葉には力があり現実にその出来事を引き寄せるってことですね。




私の好きな引き寄せの法則ね☆でも、引き寄せの法則も言霊も

良いこと、悪いこと両方に使いますが、

韓国語の말이 씨가 된다は、よくないことに使うことが多いです。

「말이 씨가 된다って言うじゃん。だからそんなこと言うなよ~」

みたいな・・・「口は災いの元」と訳されたりもしますが、それもぴったりではないような感じもするし。

で、今回私が実感した말이 씨가 된다ですが

我が家のゆーちゃん、3月の新学期が始まってから毎朝保育園に行きたくないと登園拒否でした。そんなゆーちゃんを見て私は先生にも

「うちの娘は新しい環境に慣れるまで1ヶ月はかかるんです。昨年も1ヶ月間はそうだったので、今回も1ヶ月くらいは慣れなくて大変かもしれないですけど・・・」

そう話していましたし、家でもいつもそう話していました。

「この子は慣れるまで1ヶ月はかかる

その言葉が種になり・・・1ヶ月間、毎朝保育園を拒否し続けたゆーちゃん

そして私がずっと言い続けた1ヶ月が終わり、運命の4月1日

はい!!

元気に登園~~~~

なにこれ???

1ヶ月がすぎたら、嘘のように元気に保育園に行くようになりました。

カレンダー見て行動してる??

ってくらい計ったようにぴったり4月1日から変わりました。

私がずっと「この子は慣れるまで1ヶ月かかる」と言葉の種をまき続けていましたか??

말이 씨가 된다

恐れ入りました。

それにしても

「この子はそもそも保育園に向いてない!!」

とか言ってなくてよかった~~~

と、ポジティブに考えてみたりもした。

読んだよ!とポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村

test

-韓国での育児