日記

鯖によるヒスタミン食中毒、辛さに慣れていることが落とし穴に

昨日の夕食は鯖の塩焼き。

 

鯖が特に好きなわけではないですが、韓国は魚の種類が少ないのでかなりの頻度で我が家の食卓には鯖があがります。

 

昨日はゆーパパがお腹が空いたというので、私はまだ色々することがあったのでゆーちゃんとゆーパパの二人に先にご飯を食べていてもらったんです。

 

で、少しして席に着くとゆーちゃんが鯖を全然食べてないので、パパに魚をとってあげるように言ってゆーちゃんは自分のお皿にきた魚を口にした途端

 

「このおさかな辛い!!アッパ、唐辛子のお箸で持ったでしょ!?」

 

確かにゆーパパは毎日この唐辛子を食べているので、時々その箸に唐辛子のタネがついていてほかの食べ物まで激辛になることがあるんです^^;

 

FullSizeRender317

鯖が辛いわけないじゃんとゆーパパが今まで自分が食べていた鯖を口に入れて確認したら「あれ?確かに辛い」って。

 

私も食べてみたら辛い・・・え?唐辛子のタネ落としたでしょ??って思ったけど、他の部分もぴりぴり辛いんです。ゆーちゃんは辛いのでその後はもう一度だけ口にしてやっぱり辛いと鯖は終了

ヒスタミン食中毒の症状

食事を終えて5分後くらいすると私の唇がなんか腫れてきて痒い・・・と、思ったらゆーちゃんの唇の周りも真っ赤に腫れてる(;・∀・)

 

Ksu88nApBcNigQM1489729901_1489729966

 

なにこれ????? 考えられるのはあの謎の辛い鯖だけ・・・

 

体の他の部分は赤くなっておらずに、唇だけが腫れてました。もしも病院に行くことになったときのために写真を撮っておいたけど、腫れは30分くらいでひいてやれやれ。(私もゆーちゃんと同じ症状)

 

急いでネットで調べると、鯖がピリピリするときはヒスタミン食中毒の症状を起こすことがあるって。

 

ヒスタミン食中毒の症状は

 

唇の周りが赤くなる、耳たぶが赤くなる、蕁麻疹が出る、頭痛、下痢、嘔吐などとのことです。私とゆーちゃんは、すぐに唇の周りが赤くなったのでまさにそれでした!

 

ゆーパパはといえば、唐辛子と一緒に食べていたので鯖がピリピリすることにも気が付かずに一人で丸1っぴきたいらげていたんですよね。でも見た感じ全然平気みたいで・・・さすが韓国人!!って笑っていました。

 

そして夕食後にいつものようにゴルフのレッスンに出かけたと思ったら1時間後にげっそりした顔して帰ってきた。聞いてみるとゴルフの練習場についたらいきなり腹痛に襲われ、ゴルフどころではなくずっとトイレに籠っていたそうです。

 

ひょえ~~。

 

私とゆーちゃんは、一口、二口で辛いから食べるのやめたから唇が赤くなっただけでそれ以外の症状は出ませんでしたが、ゆーパパは唇は腫れなかった代わりにお腹に思いっきりきたみたい。体内にたっぷりヒスタミンが入ってしまったから排出しないとダメですもんね。

 

鯖怖い・・・もうしばらくは食べるのやめよう。

 

鯖やカツオ、サンマ、イワシなどの赤身魚は温度管理を誤るとヒスタミンが発生してしまい、一度ヒスタミンが発生してしまうと加熱しても冷凍してもなくならないんだそうです。

 

ピリッとしたらその魚は食べないほうがよし。

 

しかし、韓国ではピリッとした食べ物が多いために気が付きにくいという落とし穴が・・・今回もゆーパパは唐辛子のピリ辛と一緒に食べていたので結局一人で大量にヒスタミンを食べてしまったわけで。

 

そうでなくとも魚の種類の少ない韓国で、さらに選択肢が減ってしまいました。

読んだよ!とポチっとしていただけたら☆彡
にほんブログ村

test

-日記