韓国の文化・風習

韓国の年齢の数え方は混乱する

2016/07/09

韓国では年齢の数え方が日本とは違います。日本でも昔は使われていた「かぞえ」という数え方になります。

ゆーちゃんは日本式(というか、ほかの国でもそうだけど)にいえば、2012年9月生まれなので今は3歳になりました。

でも、韓国では生まれてすぐに1歳になり、元旦にはみんな一緒にさらに1歳歳をとします。なのでゆーちゃんは韓国では4歳になります。さらに来月の元旦には5歳になるというわけで・・・




本当は3歳なのに、韓国ではすでに5歳として数えられるんです。

韓国では一般的に年齢を言う場合はこの数え年で言われるですが、病院などでは「満」での数え方で年齢が表記されます。公式的には「満」で数えるけれど、みんなの一般的な風習とし年齢を語るときは「数え年」で答えるんですね。

なので、ゆーちゃんは病院などでは「満3歳」、外で人に年齢を聞かれたら「4歳」となります。そして日本でも「3歳」

これって、大人の私たちでも混乱するのに、3歳の子供には本当に意味分からないと思います。いつも外で誰かがゆーちゃんに年齢をきいたら「4歳です」と韓国語で答えるのに、日本語で話すときは「3歳です」となり、指で数字を表すのもいつも混乱しています。

何歳~?と聞かれたら4本指を立てるか、3本にするか…「日本では3歳、韓国では4歳なのよ」そう教えていますが、なんで違うのかなんて分からないですよね。

いつまで韓国では数え年を使うんだろう?正直、数えって必要以上に歳を多くいうことになるので、1歳でも若くいたいお年頃の私たちに女性にとってはありがたくないものなんですが~~

韓国での年齢になれてしまい、日本での年齢に「私まだ若いじゃん」と感じられるときもあるので一概に悪いとも言えないけど^^

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-韓国の文化・風習