韓国の文化・風習

韓国の名節旧暦1月15日の満月は藁で作った月の家に願い事を

今日は旧暦の1月15日ということで新年で初めの満月。

 

IMG_0240

そして韓国ではこの日の満月は「デボルム」と呼ばれて一年で一番大きな満月だといわれ代表的な名節の一つです。

 

家から見た満月ですが、確かにすごく明るくて綺麗です~♡

 

このデボルムの日は、韓国では落花生やクルミ、栗など殻のある果実を食べる習慣があります。これらを食べることにより一年間健康でいられるのだそうです。食べなかった・・・きのだいうまでクルミがあったのですが、きのう全部食べちゃったからな~。

 

ま、ちょっとフライングでしたが前日にクルミ食べたのでOKとしましょう。今年も一年健康でいられます!

 

そして日本でも新月や満月の日にノートに願い事をすると叶うとかよく言いますよね。

 

韓国でもそんな考え方はあるようで、このデボルムの日に藁で作った月の家に願い事を書いて満月の日に燃やすという… ある意味ノートに書くよりももっとすっごい強力なパワーのありそうな風習じゃない???

 

こちらeマートにあったこちらが藁で作った月の家です。

IMG_0231

 

この紙に願い事を書いて藁で作った月の家に結ぶそうです。なんか七夕にも似ていますね。

IMG_0233

 

こういうの好きー!

 

早速、願い事を書きました。ん?韓国語で書いたほうがいいのか?でもお月さまは日本語だって当然分かるよね?ってことで日本語でしっかりと書きました^^

 

これを満月が空にあがってきたら火で燃やすといいます。

 

もう満月とか藁で作った家だとか、
願い事を紙に書いて結びつけるとか、
それを火で燃やすとか、

 

スピリチュアルパワー満載ってかんじ☆

 

伝統的には願い事が叶うということの他にも一年の豊作を占う意味もあります。この月の家を火で燃やしたときに炎がメラメラと高く上がれば上がるほどその年は豊作だと言われています。

 

ちゃんとこのeマートの月の家も燃やしてくれてるよね???

IMG_0232

燃やすところまで見届けたかったのですが夜まで待てないのでeマートを信じます。

 

旧暦で最初の満月… みなさんも空を見上げて月に願いをしてみてください。とても綺麗な満月ですよー。

読んだよ!とポチっとしていただけたら☆彡
にほんブログ村

test

-韓国の文化・風習