韓国での育児

韓国の保育園は無料です

2016/03/04

韓国で子供を育てるにあたり驚くことの一つが保育園について。

ここ韓国では保育園が無料なんです。国が保育料を負担してくれるシステムなんです。なにかとお金のかかる子育て家庭にはありがたすぎるシステム。

預けるのに条件はなく、仕事を持っていない母親でも預けることができます。




ゆーちゃんも2歳半から保育園のお世話に。

韓国の保育園には2種類あり、民間で運営する保育園と、国により運営されている公立保育園があります。

公立と民間では保育士の資格も違うため、公立のほうが先生の質は高いといわれています。そして国から補助金も公立のほうが高いため、給食などに使用される食材もいいものが使用されているそう。

よって公立のほうが人気はありますが、公立の保育園に入園するには園児の多い地域だとかなり待機しなければならないのです。

しかし、またまた私たち日本人にとってありがたいのが、国際結婚家庭は待機優先順位が高く入園がしやすいのです。そのおかげでゆーちゃんはすぐに公立保育園に入園がきまりました。

ならば民間保育園はよくないのか?そう思いますがそんなことはないようで、民間保育園となると園児を確保することに園側も必死なために公立よりも保育園としてのサービス?も充実しているところも多いようです。

実際、民間保育園に通わせている友人もいますが、みんな保育園には満足していますね。

公立保育園の場合、入園したい園児はいくらでもいるので、保育園のほうが強気な対応だったりすることも多いような^^;

大きなマンションの一階にはたいてい保育園が設置されている場合が多く、私たちの住むマンションにも3つほど民間の保育園があります。そのうち一つはモンテッソーリ教育を取り入れた保育園です。それでも保育料は無料!よって、公立保育園にこだわらなければ保育園に入園させるのはすぐにできます。

ただし、以前、日本でもニュースとなっていたように民間の保育園で起こった園児虐待問題などを考えると保育園に対する事前調査は必要!

あの事件をきっかけに多くの保育園でCCTVのカメラが設置され、何かおかしな兆候を感じれば保護者がCCTVの公開を要求できます。

保護者側がかなり神経質になっているので園側でも自分たちの保育園の安全性をわかってもらおうと努力している様子が見えます。

ゆーちゃんの通っている保育園はそのような心配はないと思っていますが、時々ゆーちゃんに確認しています。

「先生怒ってたたいたりする!?」と^^

もちろん、

「そんなことしないよー」

そう、きょとんとして答えるので、大丈夫でしょう。

途中から幼稚園への切り替えも可能であるし、そのまま小学校入学前まで保育園に通わせることもできます。

幼稚園のほうが教育はしっかりしているという印象で、幼稚園に切り替えるお母さんも多いようですが、韓国はお勉強の国ですから、保育園でもしっかりとお勉強のようなこともするようです。

ゆーちゃんはこのまま保育園に通わせるのもありかな~そう思っています。

だって、これからお金はいくらでもかかるんだから、保育園にいる間だけでも節約して、その余裕ができたお金で習い事をさせるなども悪くないよな~そんなことを考える毎日。

習い事も本当に小さなころからみなさんしていますからね!

ゆーちゃんも、1歳のころからずっと幼児教室(遊びの教室ですが^^)へ通っていたし、保育園に通うようになってからも週に1回は美術教室(という名の遊び教室)へ通っています。

これから大きくなればなるほど、習い事をさせることは多くなるんですよね。

韓国での子育ての宿命です^^ 

いろいろ考えても韓国の保育園無料には感謝感謝。

財政が苦しくなってきているので、この無料がいつまで続くか分からないとの声の聞こえます。
せめてゆーちゃんが小学校に入学するまではがんばってくれー!そう思う、自分勝手な母でした。笑

82A0CDB1-B92D-41D4-9F92-5B4388C2BDFF.jpg


にほんブログ村

test

-韓国での育児