韓国旅行の準備

韓国のクレジットカードのサインは意味なし

2017/04/07

韓国は完全にカード社会です。小さな商店でもカードが使える店がほとんどなので現金はあまり持ち歩かない人が多いです。

 

韓国でカードを使用するときに日本と決定的に違うことがカードのサインです。

 

日本ではカードの裏に署名がされていていないとその場で書かされることもあるくらい、カードを支払ったときにするサインは大切なものだと認識されています。(本来はそれが当然でしょう)ですが、韓国ではサインは

 

誰が、どんな風に書いても全然気にしない~な風潮です^^;韓国のカードのサインはこんな液晶画面にするのが一般的なんです。

 

IMG_1569

 

この液晶に指で適当に、くるっと書いたり、横に一本棒を書いたり、それはそれは適当です。

 

カードを使用した顧客がサインがするはずなのに、お店の人が親切に代わりにサインしてくれたり、子供が落書きのようにぐちゃぐちゃ書いてみたり
(上の写真、ゆーちゃんサインする気満々で待ち構えてる)

 

子供がぐちゃぐちゃ書いたサインを見て「わ~~上手に描いたね~~」なんてお店の人が子供を褒めるほほえましい光景は日常茶飯事(おーいw)

 

サインの意味なんて全然なしですね。

 

その代り?韓国ではカードを携帯の番号にすぐに使用金額のメッセージが来るのでもしも他人に不正使用されていたら気が付きやすいんです。また、海外などで普段と違う状況でカードが使用されたときはカード会社からすぐに電話がかかってきます。

 

私が日本で夫のカードを使用するとだいたい夫にカード会社から確認の電話が来ます^^;だからこっそりとか夫に内緒でお買い物~とかできない(笑)

 

それはそれで、きちんとセキュリティをしっかりしてくれてるのでありがたいのですが。

 

ただ、韓国在住の人にとってはカード使用のたびのショートメールやら疑わしい使用に対する迅速な電話対応があるのですが、旅行者にとってはもしも落としたときはサインもこんな状態ですから、心配といえば心配になるかと思います。

 

韓国でクレジットカードの利用が不安な方はキャッシュパスポートもあり

韓国でカードを使用するのが不安な方や、クレジットカードを持っていない方にはキャッシュパスポートという海外専用プリペイド式カードがあります。

 

審査なしで作れて便利なカードなのでクレジットカードよりも安全です。

キャッシュパスポートのメリット

〇審査なしで作れるので学生や無職でも利用できる
〇マスターカード対応ATMで現地通貨の引出し可能(手数料はかかります)
〇マスターカード加盟店でクレカのように使用可能
〇緊急時に日本の家族に入金してもらうことができる
〇ICチップ採用なのでスキミング被害防止
〇スペアカード付きなので盗難時も安心
〇200円利用ごとに1円のTポイントが付与される
キャッシュパスポートの公式ページを見ると利用可能通貨の欄に韓国ウォンがないので韓国では使えないと思われる方がいるようですが、韓国でも使えます。

 

口座に日本円をチャージしてウォンに移行します。為替手数料は利用当日のマスターカードの標準決済レートまたは政府指定のレートに4%を乗じたものとなります。

(17年4月7日追記:ネットでは5.5%との情報が多くのっていたので電話で確認したところ現在は4%との確認をとりました。)

 

これはクレジットカードの手数料が一般的に1.5%程度になることを考えると安いとは言えません。ただしTポイントが0・5%還元されることを考えると、手数料も少し割安になります。

 

キャッシュパスポートの一番のメリットは、スペアカードが付いているので盗難や紛失があった場合はカードの利用を止めて、自分はスペアのカードを利用すること。

 

スペアカードがついているのは、クレジットカードでも海外プリペイドカードでもキャッシュパスポートのみです。

 

サイン意味なし韓国カード事情が不安な方にはこちらのほうが安心かと思います。ただし手数料については安くないので公式ページからよく確認してみてください。

Inked2017y04m07d_130543971_LI

 

韓国とはいえ海外ですからカード事情は違うんですよね。それでも私は韓国でほぼ毎日カード使っていますが…

 

>>キャッシュパスポートの公式サイトを見てみる

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-韓国旅行の準備