韓国インスタント麺

韓国で人気急上昇インスタント麺チャワン

韓国人のジャジャ麺ラブぶりは有名ですね。

日本で食べるジャジャ麺とは違って、甘辛い黒いソースのかかった麺なのですが・・・

引っ越しにはジャジャ麺を食べ、出前の定番といえばジャジャ麺、会社員なら少なくとも週一でジャジャ麺をランチで♪

韓国に来たばかりのころは韓国人に「ぜひ一度はジャジャ麺を食べてみて!絶対に美味しいから!」とよく勧められましたが、

んーーー?そんなに絶賛するほどか??

って感想です。




ジャジャ麺を子供のころから食べている韓国人は完全にジャジャ麺の味の中毒になっているみたい。

台湾出身の華僑の友人のお父さんはソウルで本格的な台湾式の中華料理店をしていましたが、最初はジャジャ麺はメニューになかったけれどあまりにもジャジャ麺を注文したがる人が多いので韓国式のジャジャ麺もメニューに取り入れたそうです。

それほど韓国人に愛されているジャジャ麺、私はそれほど好きではないのですが、ジャジャ麺のインスタント麺は別。

これまで市場を独占していたジャパゲティ。これは美味しい!そして長年、ジャパゲティがジャジャ麺のインスタント市場を独占した居たのですが、昨年あたりから新しく出てきた

짜왕(チャワン)

これが大ヒットで、ジャパゲティの売上を抜いたとか。チャワンが発売されてからジャジャ麺市場の戦いは熱くなり、次々と新商品が参戦してきています。

そこでインスタントジャジャ麺市場の戦いの火付け役となったチャワンをご紹介

IMG_0001

粉末スープとフレイクと調味油がついています。

IMG_0003

作り方は適当です^^ 多めのお湯に麺とフレイクを入れて5分ほどゆでます。

その後、お湯を少しだけ残して捨てて、黒い粉末スープと調味油を入れて混ぜます。我が家ではこれにプラスしてごま油を入れますが

混ざったらこんな感じ。黒い…

IMG_0007

チャワンは麺に昆布粉末が練りこまれているそうで、これのおかげでもちもちした食感となるそうです。はじめて食べた妹は生麺みたい~と言ってました。

ジャパゲティと比べたら、フレイクの野菜も多くて大きいのですが、写真だと野菜は全然見えませんね。

麺も太麺で生麺と間違えるほどコシもあり、ジャパゲティを抜いただけあるなって感じですが、我が家ではチャワンより従来のジャパゲティのほうが美味しいという結論。

ま、これは慣れの話だと思います。

ジャパゲティの味に慣れすぎているために、新しいチャワンをなかなか受け入れられない保守的な味覚

でも、若いゆーちゃんは、このスパゲティ辛くなくて美味しい~と喜んで食べていました。

これ…スパゲティじゃないけどね^^

読んだよ!とポチっとしていただけたら☆彡

にほんブログ村

test

-韓国インスタント麺