韓国での育児

日本のより韓国のほうがいい赤ちゃん用品は?

2016/07/09

韓国で育児をしている日本人はだいたい赤ちゃんのための用品は日本から調達していることが多いです。私もその一人で、日本に帰るたびに赤ちゃん本舗や西松屋のお世話になっています。

日本人だから日本のもののほうが信用がおけるし、安心して使えるし、何より日本の製品の品質は素晴らしいのでこれになれたら韓国に限らず外国のものには簡単に満足できなくなる人が多いんでしょうね^^

そんな私でも、「これは韓国のほうがいいわ~~」そう思ったものがあります。




それは、赤ちゃん用のおしりふき☆ 韓国ではムルティッシュ(水ティッシュ→ウェットティッシュ)と言いますが。このおしりふきは日本のものより韓国のほうが使いやすいんです。

何が違うって紙の厚さが違う。日本のは薄くて、ウンチのときなどは何枚も使わないと綺麗に拭くことができないけれど、韓国のは日本のより倍以上の厚さなので、1-2枚で手早く拭くことができる。薄いと何枚も使って何回もこすることになるのが難点。

なんで日本のおしりふきはあんなに薄いのだろう?トイレに流せるタイプが薄いのは分かるけど、流せないのも薄い。何か薄いほうがいい意味があるのかもしれないけれど、単純におしりを拭くことを考えると韓国のものくらいの厚さがあったほうが使い勝手がいいです。

不安要素としては成分が日本のほうが基準も厳しいだろうし安心感が高いけれど、実際に使ってきてゆーちゃんはおしりふきで肌荒れを起こしたことはないのでそのあたりは特に神経質にはなっていません。

韓国で子育てをこれからする方はおしりふきに関しては韓国のものでもけっこういけますよ~

ちなみに、韓国のはトイレに流せるのはない(?)と思います。そもそも外のトイレではトイレットペーパーですら流してはいけないのでおしりふきなんて流したら詰まることは目に見えている。

なので日本の流せる用買ってきてもそもそも流せないなら薄い意味がない^^;(一般家庭のトイレではトイレットペーパーは流せます)

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-韓国での育児