子連れハワイ旅行

子連れハワイ旅行、飛行機編

2016/07/09

ハワイ最終日はゆーちゃんは帰りたくないと泣いていました。それは私も同じ気持ちよーーーー!!!泣き叫ぶゆーちゃんを連れて、タクシーで空港まで出発!

旅行に出発するときの空港の飛行機はテンションあがるけど、帰りの飛行機はなんだか寂しい。。。

3E0B5D62-2634-4A18-94D8-DC3CE3D97A81.jpg

そしてここからソウルまで10時間の空の旅が始まるのです。




この旅行をするにあたり、一番心配だったのがこの帰りの飛行機でした。行きは夜便だから寝てればハワイに到着するけど、帰りはお昼の便なので寝る時間でない。しかも10時間もの超ロングフライトですから事前対策はしまくりました。

まずは、持ち物チェック

◎食べても食べてもあまるほどのお菓子
◎ゆーちゃんの好きな動画2時間以上収めたiPad
◎飛行機内で遊べるシールたっぷり
◎機内で遊べるスポンジタイプのパズル

この持ち物の中で本当に重宝したのはiPadでした。動画を見たり、ゲームもできるので静かに長時間いてくれました。iPadがなかったら10時間のフライトはきつかったはず。あ!あとイヤホンも必須ですよ!子供の耳には飛行機のヘッドフォンやイヤホンがサイズが合わずに不便なので、子供が使えるイヤホンを必ず事前に準備しましょう!!!

ゆーちゃんは昼のフライトで寝ないだろうと心配しましたが、機内が暗くなると旅の疲れもあってかしっかりと長時間ねてくれました。おかげで私はその間は少し映画を見ることもできちゃった。

ゆーちゃんがずっと座っているのに疲れたらお散歩がてらトイレまで歩いて運動!でも、トイレの水が流れる音がゴーーーー!とすごい勢いで流れるので、ゆーちゃんは怖がっていました。友達の子供も飛行機のトイレを怖がっていたそうなので3歳くらいの年齢だと怖がってトイレに行きたがらない場合もあるかも。

機内ではとにかく、子供のやりたいようにさせることに徹しました!!(やりたいことと言っても、騒ぐとか走るのは当然NGですよ)お菓子を食べたいといえば、いくらでもあげるし、私の顔にシールを貼っても笑ってじっと耐えるし、ゲームもしたければ気がすむまでさせるし・・・

こんなこと、家だったらさせないけれど飛行機ではとにかく、ゆーちゃんのご機嫌取り優先。

逃げ場がない飛行機の中で、不機嫌モードになって泣いて騒がれたらおしまいだから・・・

そんな覚悟で乗っていました^^;幸い、ゆーちゃんはずっといい子にしていてくれて助かりましたが、最後の着陸のときに泣いた!

着陸のときの気圧の変化で耳が痛くなってしまったんです。これは水を飲ませる、飴を舐めさせるなどの対策を事前に確認していたのですが、思ったより早くから泣き出してしまい痛くなったら今さら水も飴も口にしてくれず・・・失敗でした。

離着陸の耳の痛みは着陸のほうが痛いようです。

結局、フライト中ずっととてもいい子だったのに、最後は泣きながらの着陸となりました。

無事に到着してからは、隣の席にいたハワイアンの方に、最後に泣いてうるさかったことをお詫びしました。でも、みなさん優しくて、

「全然平気よ〜彼女はずっといい子だったわよ!耳が痛いのは仕方ないでしょ!」

そう言って、周りの席の方みんなが声をかけてくれて、飴までくれちゃって。本当に感謝です。

子連れハワイ旅行の最難関は飛行機だと思います。とにかく、事前に子供が飛行機の中で時間をつぶせるものを準備して、お菓子もあまるほど持って行ったほうがいいです。このときばかりは、普段は禁止しているお菓子の食べ過ぎもゲームも解禁^^

そしてフライト中は私たち親はゆっくりしようなどとは思わないほうがいいです。常に子供の相手をして(機嫌をとりw)周りに迷惑がかからないように気を配っていくしかないんですよーーーー!

それくらい覚悟を決めていけば大丈夫^^ あとは、周りの方へのご挨拶も忘れずに〜

2D96E732-EC6E-4124-BAAA-21443AA7D1F8.jpg


海外ホテル最安値保証→格安航空券DeNAトラベル

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-子連れハワイ旅行