韓国での育児

子供の飛行機離着陸時の耳痛解消法を発見!

2016/07/09

3週間弱の日本帰省からきのう韓国へ戻ってきました。楽しすぎた日本…やっぱり日本に住みたい!

そして帰省のたびに一番心配なのは子連れ飛行機。静かに過ごせるようにお菓子やおもちゃなどのアイテムを用意するのは定番なんですが、コントロール不能なのが離着陸時の気圧の変化による耳の痛み。

この痛みのために泣きだしたらもう止められない。痛いんだからこちらが何をしようと泣き止まず、飛行機の中でほかのお客さんの迷惑にもなるし親としてはもうどうしていいか分からなくなってしまうんですよね。




前回の子連れハワイ旅行では着陸時に泣き叫ばれ親としてはもう大変でした。

一般的には子供は耳の空気を抜くことが下手なので対処としては、水を飲ませたり、飴を舐めさせるなどがいいと言いますが、ゆーちゃんの場合はあまり効果がありませんでした。ちなみにゆーちゃんは離陸時は痛がったことはないのですが、着陸時はよく痛がり泣いていました。

今回はANAの飛行機を利用しましたが子供へおもちゃんのプレゼントがあったのです。そこでもらったのがこれ

42D77728-CE2D-40E3-BF59-AC4766EFCFB8.jpg

空気を入れて膨らますビニールの飛行機模型!

これが耳抜きに最適なんです。耳抜きは鼻をつまんで耳から空気を出せば簡単にできるのですがこれが子供には説明しても痛がってるときはできない。けれどこのビニール飛行機を自分で膨らますことはできます。必死に口でビニール飛行機に空気を入れている間にパッと耳から空気が抜けるんです。

予想通り着陸態勢に入ってすぐに耳が痛いと言い出したゆーちゃん。私がすぐにビニール飛行機を渡して膨らますように言うとすぐに空気が抜けたみたい。

その後も何回か痛いと言い出したのでそのたびにビニール飛行機を渡したら治っていました。

これすごーい便利アイテム!自分でビニールの風船などを膨らますことができる年齢のお子さんなら結構効果あるかと思います。これからは飛行機に乗るときはこのビニール飛行機は必ず持っていきます(^^♪

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-韓国での育児