韓国料理・韓国で外食

チャドルテンジャンビビンバで簡単にお昼をすませる@本家

牛サムギョプサルで有名なチェーン店のボンカ(本家)へランチをしに行ってきました。

 

IMG_4239

 

いつもは牛サムギョプサルの定食を食べるのですが、きのうは朝からハンバーグを食べてしまいとてもじゃないけれど焼肉を食べる気分ではなかったのでチャドルテンジャンを注文することに。

 

チャドルバギとは牛のあばら肉を薄切りにしたもの。このお肉とテンジャンチゲってすごく相性がいいんです。日本では味噌汁に牛肉ってあまり入れないですが韓国ではテンジャンチゲに牛肉はよく入れます。キムチチゲには豚肉、テンジャンチゲには牛肉。

 

チャドルテンジャンのメニューは2種類あって、一つはチゲとごはんを別々に食べるもの。もう一つはチャドルテンジャンをビビンパにして食べるもの。

 

わたしたちはチャドルテンジャンビビンパを注文!お値段なんと6000ウォン(約600円)だから驚きの安さ…

 

運ばれてきたバンチャン(突き出しのおかず)。たった6000ウォンでこれらの突き出しもおかわり自由だからすごいと思う。 

 

IMG_4233

 

大きな器に入ったビビンパセット。突き出しのおかずをお好みでのせてもいいですよね。ごはんを野菜の中にいれます。

 

IMG_4232 IMG_4234 IMG_4235

 

そしてこちらがチャドルテンジャンチゲです。チゲは友達と二人で同じものを注文したので一つの器に2人分が入っていました。

 

IMG_4231

 

このチャドルテンジャンチゲをビビンパのごはんに入れて混ぜます。あまり入れすぎると味が濃くなりすぎるので味見をしながら少しずつ入れてみてください。辛いのが好きな人はたっぷりとコチュジャンを、辛いのが苦手方は気持ち程度にコチュジャンを入れて混ぜて混ぜて出来上がり!

 

IMG_4236

 

日本では味噌汁をごはんにかけて食べたるのはマナー違反となりますが、韓国では堂々とメニューとしてあります。このように初めからチゲをビビンパにして食べる用のメニューもあるし、チゲやスープを普通に頼んでもごはんにかけて食べる人もたくさんいます。

 

韓国はなんでもまぜて食べる文化ですからね^^ 

 

チャドルテンジャンビビンパはランチなどをサクッと簡単に食べたいときにおすすめです。美味しいですよ!

 

読んだよ!とポチっとしていただけたら☆彡
にほんブログ村

test

-韓国料理・韓国で外食