韓国のはなし

カルビってあのカルビ?

2017/02/19

きのうは会社最後の日だったので昼からまた焼き肉に行きました。ランチからソジュも飲んじゃって、韓国の会社では時々ある^^;(あ!会社やめるんですね、わたし)

4DCA3F1C-0A6E-4114-95D0-92A73E8A7366.jpg

やっぱり焼き肉はカルビが美味しい。

韓国語が全然わからない日本人でもカルビという言葉を知らない人はいないでしょう。




一番人気の部位だしね〜^^

そんなカルビなんですが、これはどこの部位かといえばあばらのあたりのお肉のことで、骨つきカルビならあの骨にくっついてる肉が一番美味しい部分だったりするですが。

そしてこのカルビとは焼き肉の部位を指す言葉だけではないんです。韓国語であばら骨のことをカルビ骨→カルビピョというんです。だから焼き肉のカルビはあばらのあたりの部位なんですが、なんと私たち人間のあばら骨も「カルビピョ」っていうんですよ。

「あ〜〜なんだかカルビピョが痛い。。。」

そんな言葉をはじめて聞いた時、え??人間にもカルビって使うの?そう驚いた私です。

だってカルビという言葉はあまりにも焼き肉のイメージが強すぎて、俺のカルビ骨が痛い!なんて言われたら、カルビって焼き肉じゃないんだからwって思ってしまうもので。

人間のあばら骨もカルビというなんて、日本語であばら骨という響きとはかなり違った、やたらに美味しそうな名称じゃないですか(笑)

今朝ラジオから「カルビピョにひびが入った」という言葉が聞こえてきて、きのうのお昼に食べた美味しかったカルビと重なり、そういえばこの言葉はじめて聞いた時驚いたな〜と思い出してしまいました。

みなさまのカルビ骨は大丈夫ですか〜?カルビ骨って結構簡単にヒビとか入ってしまうそうなのでお気をつけくださいませ。咳のしすぎでもヒビが入ってしまったりするんですって〜

カルビ骨、、、意外ともろい。しかしカルビはやっぱり美味しい。

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-韓国のはなし