韓国での育児

なぜニセモノにしたの?

2016/07/09

週末は大型マートであるEmartへ1週間分の食材の買出しへ出かけます。マートへ行くとゆーちゃんがお約束で乗るのが100円(1000ウォン)入れて動く子供用の乗り物おもちゃ。

今までは人気アニメのキャラクターの乗り物でお金を入れるとそのアニメの歌が流れて車が前後に動くようになっていたんですが、ある日突然新しいキャラクターに変わっていた。

「あ!タヨだーーーー!」

タヨというのは韓国のバスを擬人化した超人気アニメ。




街中にもたくさんのタヨバスが走っていて今では大人でもタヨを知らない人はいないほどの人気者。でも、本物のタヨバスはソウル市が運営しているバスのみで、時々、市バス以外の送迎バスなどにもニセタヨのバスが走っていることも多いんだけど。

そしてこのマートの新しく登場したタヨの乗り物

タヨだ!と喜んで近寄ったゆーちゃん。他の子供もみんな新しくなった乗り物をみて、タヨだ!と叫んでいる。でもよく見ると、あれ?タヨじゃないね?

こちら本家のタヨ

5CEEA5F2-FF01-45F6-9AA2-47DDD967E52D.jpg

それでもお金を入れればタヨの音楽が流れるかもと期待して乗ることに

6D542412-8DA0-465E-AD73-C9F4F0FFFAE7.jpg

流れてきたのはタヨの音楽ではなくABCの歌。

「これなーに?違うね~~~」

と、期待はずれで不満顔のゆーちゃん。興味のない音楽が永遠と続くものだから早く降りたくなったのか

「終わらないね~なんで終わらないかな~」

お金入れたのに、早く終われ発言まで^^;

完全に嫌われてしまったニセタヨくん。なんで、ニセタヨにしたのかしら??Emartといえば、韓国を代表するマートの代名詞のようなマートなのに。

私の予想では、タヨをよく知らないEmartのお偉いさんが、ニセタヨだと気がつかずこの乗り物を採用したのではと思ってるんだけどどうだろう(笑)

今ではゆーちゃんはEmartへ行くときは

「また今日もタヨみたいなの乗ろうね」

そう、必ず「みたいなの」をつけます。ニセタヨで嫌われていたけど、それでも乗り物はあれしかないのでタヨみたいなのに乗るそう。ニセタヨでも集客効果はあったね^^

ただ母親的にはニセタヨに乗る我が娘がなんだか不憫なんですが・・・

あの子、タヨのニセモノに乗ってるよ~そう笑われてそうでw

ランキングに参加しています。応援お願いします☆

にほんブログ村

test

-韓国での育児